骨の謎に迫る 骨の病気に挑む   
  ~学際的な架け橋を目指して~

会長挨拶

会長 田中 良哉

 第35回日本骨代謝学会学術集会の会長を拝命しました。身に余る光栄に存じますとともに、関係の皆様のご支援、ご協力には重ねて心より感謝申し上げます。平成29年7月27日(木)~ 29日(土)、日航ホテル福岡に於いて本会を開催すべく鋭意準備中です。メインテーマは「骨の謎に迫る、骨の病気に挑む~学際的な架け橋を目指して~」です。25年ぶりの真夏の九州での開催ですが、熱い講演と議論を期待申し上げます。

 本学会は、骨格系・ミネラルの研究等の特徴的な領域をカバーし、基礎医学、内科学、整形外科学、歯学、薬学、理工学などに亘る比類のない学際的な集団です。本学会員を中心としたビタミンD、RANKLやカテプシンKなどの基礎研究の成果は着実に臨床応用され、臨床医学の目覚ましい発展に貢献してきました。斯様な学際的な交流を介して問題点を認識、共有、議論することによりさらなる進歩に繋がるものと期待して、上記のメインテーマを掲げました。

 したがって、8つのシンポジウムは全て他の学会との合同開催とし、本学会のトピックスと共に将来展望を見据えた内容としました。あり方委員会主催の5つのシンポジウムでも、最先端を走る演者による学際的視点を重視しました。招待講演や教育講演は、国内外で最も先端的な領域を牽引する先生方にご講演を戴きます。また、本学会の前身である第1回日本骨代謝研究会が1967年に開催されて50周年となる本会においては、諸先輩方の輝かしい功績を記念して50周年記念シンポジウムも企画しております。加えて、見どころ紹介セミナー、男女共同企画、IFMRS国際共同企画、日韓合同企画によるシンポジウムを準備しました。若手研究者の皆様には、口演、議論を通じて研究と自分に磨きをかけて頂ければという思いから、一般演題を全て口演としました。優秀演題賞も設けますので、多くの演題の登録を期待しております。全体懇親会では、九州開催の特徴を活かした趣向を凝らしたいと考えております。

 幅広い分野から多数の方々がご興味を持って参加し、熱い討論をして下さるよう期待致します。皆様には、どうぞご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

産業医科大学

第35回日本骨代謝学会学術集会
会長 田中 良哉 (産業医科大学医学部第1内科学講座 教授)

第35回日本骨代謝学会学術集会 お問い合わせ

学会事務局

産業医科大学 医学部第1内科学講座
〒807-8555
福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1-1
Tel:093-603-1611
E-mail:info@35jsbmr.com

運営事務局

E-mail:info@35jsbmr.com

このページの先頭へ